みんな幸せに

k5185877.jpg

ラーフのこと




《マミーです》




3年半前

保健所から連絡があり

小さいガリガリのポメがいるんだけど

もう老犬で、引き取り手がいないから

フェアリーでどうか、と

お話を頂きました。


迷わず、引き出しますと返事。

処分のため浜松へ行く寸前でした。



ラーフ=笑う

と名付け、残りは楽しい生活がフェアリーでおくれるようにと思いを込めました。


検査すると、心臓も悪く咳も激しく出ていて

肺水腫も起こしていました。

お腹には大きな水腫があり

毛はスカスカ、尻尾はほぼ毛がありませんでした。


先生には、なるべく興奮させないように……

とのことでしたが


ラーフは元気で、気が強く

誰かれかまわず喧嘩を売る子でしたので
(実際には声だけで、小さいのですぐやられてしまう)

もう、ダッコバッグで連れて回るしかないと

ずっとダッコしていました。







どんなダッコの仕方でも

ダッコされていれば満足なラーフでした






時には、2キロと言っても

ずっとバッグを下げてると疲れてしまうので

椅子にかけたりして。

それでも、バッグに入ってるので

出ようとはしません。










赤ちゃん犬はいいが、子供犬が嫌いで、唸ることも多々あった。



ラーフは状態が悪すぎたので

譲渡はせず

フェアリーで看取ることにしていました。


時々、気分転換に

ふれあい会には連れていきました。

散歩もできないので。



私にとって、ラーフは

自分の子とまったく同じでした。



お腹の中に腫瘍がいくつもあり

咳をするたび、少しずつ陰部から出てきてしまい

県外の病院で根本を縛り、麻酔なしで切り取ることもしました。


色んな痛い思いをしてきましたが

とにかく、イタズラ大好き

ダッコ大好き

ご飯大好きなので

届くはずがない場所へ置いておいた

おにぎりやパンを

猫のように登り

食べてしまったことが何度もあり

太ってしまったので、ワンコのご飯を減らしてました。

薬も何種類も出ていたので

飲ますのも一苦労。

粉にして、味の強いものと混ぜてもバレ

ササミに薬を包んでも、薬だけだし

とろみのあるものに粉にした薬を混ぜ

口の中(上顎)にぬっても

泡まみれになり、全部出す……

本当に苦労してました。


でも、スタッフとなんとか頑張って

与えていました。



ラーフに毎日毎日笑わせてもらったのは

私たちでした。

私の夕飯、最後のいなり寿司、半分かじったとき

リビングにうんちされたので

片付けに行って帰ってきたら




半分になった、いなり寿司をガッツリくわえて

離さないのです。

取ろうとしたけど

歯はないけど噛みつき、本人は必死。

結局、あげるわけもなく

私に取り上げられたのだけど。。。



私にとって、ラーフは自分の子

悲しみは、大きい




何度、あと数ヵ月かな……とか

あと一週間もつか……とか

明日にでも……とか

余命宣告されても、生き抜いてきたので

いつしか、ありえないのだけど

いなくなるはずがない、と思い込んでいた。



ラーフがいないフェアリーはおかしい

そのくらいの存在だった。



看病から始まったラーフとの生活

3年半

長いようで、短かった




亡くなるときも、あっけなくて。


手をさすっていたら、引っ込めたので

苦しいから嫌なのかな……と

そっとしておいた。

でも、なんとなく

どーしてもダッコしたくなり

夜11時過ぎ

『ね、ラーフ、ダッコしていい?』

と聞いて、ダッコした。

苦しくないように、優しく優しく。

チューも何度もした。

そしたら、11:45頃

手足をキューって伸ばして

少しだけけいれんした

そして、息を引き取った


信じられず、ラーフの名前を叫んだり

うそでしょ!うそでしょ!

戻ってきて!

なんて、大人げなく

泣きながら叫び声をあげていた。



11:46分には完全に息と心臓が止まった

ラーフは

大切な私の子、ラーフは

今度こそ、本当に逝ってしまったの。


今でも、私のすぐ近くにいるように思えてしまう。

けど、いない。


いないことが信じられない。


鳴き方も『ワンワン』じゃなく

『アブ!アブ!』とか

『ン~ィエィ!』とか

普通ではなかったから、それだけで笑えた

笑いが耐えなかったのは

ラーフのことが大半をしめていた。



いま、頑張ってくれているスタッフは

ちょうど一年

だから、ラーフとの深い間のことを知らない

なんで、ラーフのことがこんなに悲しいのか

きっと、これを読んで少し分かるかな……


絶対に泣かないタッシーですら

ラーフを抱き締めて泣いていた

タッシーも長いからね。



ラーフ、私はまだまだ悲しいよ。

どーしたらいいのかな……

看病しなきゃならない子もいる

たくさんお世話を待ってる子がいる


やるよ、やるけど

ふとしたとき、ラーフの写真を見て

『なんでいないの?』と聞いてしまうね。


ラーフの存在は大きかった。

すごく。

すごく。

すごく。




ラーフのような子は他にはいない。

猫のような犬

ありえない場所のものを取る

鳴き方が犬じゃない

重症な病気なのに、いつも元気

甘えん坊



大好きなラーフ

空いた穴は大きいな……



立ち直れるまで

見守っててね。



ラーフ

心から愛してるよ







20161005091152a60.jpg

2016100509115382b.jpg

20161005091153498.jpg


























facebookでのシェアを宜しくお願いします
ワンコニャンコの幸せに繋がりますように
是非、応援の、この下のマークをポチっとお願いします。
ポチっと!cid_15@111218_202210@______P05C@docomo_ne.gif


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

プロフィール

Mマミー

Author:Mマミー
最初の保護っ子ニャンズと
我が子のミルクさん

☆☆☆

DSCF1181_convert_20111214183054.jpg

メイ

!cid_01@110807_230503@_____D904i@docomo_ne.jpg 2008/8生まれ9/16に保護 ビビりで自称ボス

モカ

!cid_01@110801_230357@_____D904i@docomo_ne - コピー 2008/10/1生まれ(推定)10/初め段ボールで捨てられてた4兄弟保護 男の子  奇形で辛い思いもしたけど優しい子

ミント

!cid_01@110801_230331@_____D904i@docomo_ne - コピー 2008/10/1生まれ(推定)10/初め段ボールで捨てられてた4兄弟保護 男の子 ビビり

ムク

D1000842 - コピー 2008/10/1生まれ(推定)10/初め段ボールで捨てられてた4兄弟保護 男の子 2010/8/19天国へ

マル

DSCF0997_convert_20111214180038.jpg 2008/10/1生まれ(推定) 10/初め段ボールで捨てられてた 4兄弟保護 女の子 2010/12/7天国へ

プリン

310_convert_20111214175547.jpg 2007/12/14生まれ 女の子 2008/3/3天国へ

モニー

DSCF1977 - コピー 2009/6/16生まれ 男の子 現在セラピー犬として(里子) 老人ホームで活躍中

まめ&メロン

DSCF0234_convert_20111214174737.jpg    マメ(インコ) 2007/9生まれ 男の子 2009/10/13天国へ

☆☆☆

!cid_18201D987CE34AA2BF1F30CBE3FFA28F@yukiyukiPC.jpg

カテゴリ

カレンダー

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

最新記事

里親募集リンク

☆☆☆

!cid_01@110523_223626@_____D904i@docomo_ne_convert_20111215155926.jpg

☆☆☆

DSCF1952 - コピー

☆☆☆

2011091322120001_convert_20111215154905.jpg

カウンター

ブロとも申請フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

最新トラックバック

RSSリンクの表示